【スタディサプリ】論理的解法のプロフェッショナル裏垣暁広先生の評判(口コミ)

問題の答え合わせをしたら正解だった。「それでは、なぜそういう答えになったのか?」という事を国語で説明するのは非常に難しい事です。
数学などでは、解答の方法を説明するでしょうが、国語に関しては「感覚」で解答している生徒が非常に多いという事を聞いた事があります。

今回は、国語を論理的に解答できるようにする事で有名な裏垣暁広先生の評判や口コミを調べてみました!

裏垣暁広先生って?

裏垣 暁広(うらがき あきひろ)先生は、大手進学塾で灘、東大寺をはじめとする様々な学校を志望する生徒を国語を10年以上指導した経験があるベテランで、教える側だけでなく模試試験などを手掛けたりもされています。

中学受験を指導する大手進学塾で国語を十数年担当し、その根幹となる教材、カリキュラム、模擬試験などを手掛け、灘、東大寺をはじめとする様々な学校を志望する生徒を指導する。知識の丸覚え、感覚的な読解ではなく、論理的な考え方に基づく指導を心がけ、特に苦手意識を持つ生徒に対して、どこでどう躓いているのかという原因を追究し、成績の向上を図る。モットーは、「できる自信をあたえる」指導である。
スタディサプリ

裏垣暁広先生からのメッセージ
解けなかった問題の、間違えた理由、正しい解き方、復習の方法がわかるように、「解き方」と「型」を教えます。できることを増やして成績を上げていきましょう。

裏垣暁広先生の評判

そんな裏垣先生の評判はどうでしょうか。
娘と一緒に授業を受けてみた感想や、友人に評判を聞いてみました。

裏垣先生の授業をスタディサプリで受けてみると、良い意味で普通の先生でした。
スタディサプリは非常に特徴のある先生が多いなか、裏垣先生は淡々と授業を進めていくのが印象でした。
静かに国語に集中したい人は非常に合いそうでした。
私の感想

学校の先生以上、塾の先生より近い。そんな先生
私の娘の感想

息子は裏垣先生の授業が一番好きなようです。周りの先生は押しが強いけど、裏垣先生はニュートラル。
今まで苦手だった国語のテストも点数が上がってきましたよ。
私の娘の友達のお母さん

模試を作成していただけあって、テストに出そうなところを解説してくれるのが良い。
私の友人A

実際の授業における1コマ

私が裏垣先生の授業って分かり易いと思ったのは、答えがある場所を教えてくれる事でした。

● スタディサプリ小学生講座(応用)【物語文①-1】

授業における裏垣先生の解説
問題を解く場合は出来事を文章から見つける事が非常に重要です。
出来事とは、登場人物のまわりで起こった事です。
どんな出来事がありましたか?また、出来事に変化はありましたか?
出来事に変化があった場合は要注意です。そこに、問題の答えがある事が多いです。

そんな裏垣先生の授業が980円で受けられる!

裏垣先生の授業は塾では受けられませんが、オンライン学習サービスでは受講する事が出来ます!
それはリクルート社が運営する新しい学習サービススタディサプリです!

オンライン学習サービススタディサプリ

スタディサプリ自体については以前の記事をお読み頂けたら内容を理解いただけると思います。

そのスタディサプリ小・中学生講座では、裏垣先生が教えてくれるコースがあるんです!

● スタディサプリでの裏垣先生の動画はコチラ


月額たったの980円で裏垣先生に動画を通して教えてもらえるなんて…
これは凄い!

スタディサプリにおける裏垣先生の授業は、小学4年生から6年生の応用コースが用意されており1学年毎に約15~30講座の授業が用意されています。授業内容は1コマあたり15分が約4コマ用意されているので、合計で1学年で35~120コマの裏垣先生の授業が受ける事が出来るんです!

さぁ、裏垣先生の授業を通してお子様が「国語」を根本的に理解できるようにしてみませんか?

今ならスタディサプリで裏垣先生の授業を1週間、何度でも無料体験する事が出来ますよ!
有名進学塾講師の凄さを是非体験してください。きっと驚かれると思います!

会員数30万人以上で、なんと受験生の2人に1人が利用中!

【スタディサプリ】なら、小・中・高・大学受験の5教科18科目がすべて見放題で、料金は月額980円(税抜)!自分だけでは継続学習が難しい小学生も、保護者の皆様から「勉強時間が増えた」「学習習慣がついた」という声や、中学生では受講生の80%から「テストの点数が上がった」84%の人から「ニガテをつぶせた」、大学受験では、合格大学が判明した受講生の2人に1人が東大・京大・早慶上智・関関同立・GMARCHなどの難関大学に合格するなど、オンライン学習サービスでは最も認知度が高いサービスです。

ABOUTこの記事をかいた人

スタディApps

小学校6年の娘を持つ父親と中学校2年生の息子を持つ父親の二人で運営しています。ちょうど子供の受験対策に悩んでいた時に見つけた”勉強アプリ”・”受験アプリ”などのオンライン学習に目をつけ、同じ悩みで悩む日本中の親に向けた記事を多数執筆中です。