入学金以外にもこんなに!?大学入学時に必要な費用をまとめてみた

入学以外にもこんなに!?以外に多い大学入学時に必要な費用をまとめてみた

お子様は今、何に夢中ですか?

部活、趣味、恋愛、アルバイト・・・。

成長するにしたがって色々な分野に興味を持ち始める我が子。お子様の手が離れ始めるこの時期、

ご両親にとっても、個々のライフスタイルを再構築されている最中かもしれません。

家族揃って会話をする機会も減ってしまいがちですよね。

それでは、お子様の進路についてはどうですか?

「うちの子は高校に入学したばかり。大学受験はまだまだ先。」

そう思われている方も多いかもしれません。しかし、ぎりぎりになってしまうと間に合わないのは、お子様の受験勉強だけではありません。

今回は、大学入学時に必要な費用をまとめてみました。

大学受験は費用(学費)が掛かる期間が長い!

高校受験の場合、志望校決定の時期として最も多いといわれるのは「中3の夏休み前後」と言われます。

理由として、夏前後に引退時期を迎える部活が多いこと、また、塾などの夏期講座開催などで周りが受験モードに突入することなどがあげられるようです。

つまり、主に中学3年生の期間に費用(学費)が発生する事になります。

しかし、大学受験の場合は少々事情が異なります。

高校では、高2進級の際に文系理系の選択、さらに高3進級の際には受験科目を見越した選択科目別でクラスがわけられることが多いようです。

そのため、高1三学期の時点で既に、文理選択の岐路に立たされることになります。

高校1年生のタイミングから大学受験当日まで費用が掛かるのです。高校受験とは期間が全く異なります。
これだけの期間に費用(学費)が掛かるのですが、準備は大丈夫ですか?

中学受験・高校受験・大学受験にかかる塾・家庭教師・学費などの費用をご紹介!

[記事公開日] 2015.08.14
[最終更新日] 2017.03.17

大学入学時に発生する学費(費用)はこんなにたくさんある!

それではまず、入学時にかかるお金についてご紹介します。

大学入学時に掛かる費用①:入学金(寄付金含む)

国公立か私立か、理系か文系かによって、大きく異なります。

日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果」(平成28年度)によると、国公立の場合約35万、私立文系の場合約55万、私立理系の場合約75万となっています。

しかも、受験するにあたっては受験費用(受験料及び受験の為の交通費・宿泊費)として約30万の支出があっていますので、この時点で既に65万~100万超えの支出になります。

大学入学時に掛かる費用②:教科書・参考書

小中学校は義務教育なので、追加で購入する参考書以外は基本無償(国が税金から支出)ですよね。

高校に入ってからは、年間1万強の費用がかかる学校が多いようです。

大学の場合は、各講義を担当する教員が、使用するテキストを指定します。また、理系や法学系の学部では、専門書を用いることも多い為、一冊当たりの値段が高くなる傾向にあるようです。

目安と言われる金額は、語学系1000円~2000円程度、法学系2000~5000円程度、医学系では一冊5000円を超えるものも使用されています。

これらが、受講する講義の数だけ必要になります。

また近年では、大学側指定のタブレットやノートパソコンを学生が個々に購入し、その画面で授業が進められるケースも多いようです。

使わなくなった参考書・問題集のおすすめ買取りサービスをご紹介!

[記事公開日] 2015.07.24
[最終更新日] 2016.04.20

大学入学時に掛かる費用③:初年度納付金

大学は月謝制ではなく、前期・後期ごとの前納制であることが多いです。

そのため、上記の支出があった直後に前期分の納付金を納めなければなりません。

国公立/私立や学部によって差がありますが、国公立文系で約25万~、私立の医学系では100万を超えるケースもあるようです。

大学入学時に掛かる費用④:その他(交通費・雑費)

自宅通学生の場合は、交通費が必要になりますよね。

また、お子様が一人暮らしをするということになりますと

引っ越し費用(物件探しに伴う交通費・宿泊費・敷金礼金、引っ越し費用など)・住居費(4月分家賃)・生活用品購入費用などが発生します。

日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果」(平成28年度)によると、自宅外通学を始めるための費用は、平均で41.9万円。50万円以上と回答する父兄も3割を占めています。

よって、国公立大に進学する場合でも自宅外通学生の場合には、入学からここまでの支出で、ゆうに100万を超えることになります。

志望校選びに関しては、高校側から早い段階で随時働きかけがあります。
まだ先のことだからと志望校の選定を先延ばしにせず、お子様とのコミュニケーションを十分とりながら、早い時期から希望進路を把握されるのが、今後の学費プランを立てるための第一歩です。

目標が明確になると、モチベーションも保ちやすくなるといいますが、これはお子様の受験勉強に限ったことではありません。

備えあれば憂いなし。早いうちから準備しておくことで気持ち的にも余裕が生まれ、直前で焦ることもなくなりますよ。

今からでも遅くはないのが、費用を掛けずに大学受験に向けて学習する方法を知る事です。

今から塾の費用を安くして入学時に備える

オンライン学習サービススタディサプリ

ここまで読んで入学前も入学後も費用が掛かるなぁ…とガックリしている方に朗報があります。
学習塾と同じレベル、それ以上の授業が月額980円で何度も受講できるサービスがあるのをご存じですか?

しかも、会員数30万人以上で、なんと受験生の2人に1人が利用するなど人気も非常に高いサービスです。

月額980円であれば失敗してもそこまで金銭的なリスクはありませんよね!?

それはリクルート社が運営する新しい学習サービススタディサプリです!
スタディサプリ自体については以前の記事をお読み頂けたら内容を理解いただけると思います。

利用者の93%が納得!過去に何百人、何千人という生徒と向き合ってきた一流講師が、各教科・単元のコツを1コマ15分程度でわかりやすく教えます。
一流予備校・塾での豊富な指導実績ある講師の方が教えてくれるので、お住まいのエリアに関係なく高い授業内容を受ける事が可能です。

もちろん、講師による授業は全国公立中学の教科書に対応していますので、安心して授業を受ける事が出来ます。
対応する教科書の一例は下記の通りです。

国語 数学 英語
国語 (光村図書出版) 未来へひろがる数学 (啓林館) NEW HORIZON (東京書籍)
新しい国語 (東京書籍) 新しい数学 (東京書籍) SUNSHINE (開隆堂出版)
伝え合う言葉 (教育出版) 中学校数学 (学校図書) NEW CROWN (三省堂)
中学生の国語 (三省堂) 数学の世界 (大日本図書) TOTAL ENGLISH (学校図書)
中学数学 (教育出版) ONE WORLD (教育出版)
中学数学 (日本文教出版) COLUMBUS21 (光村図書出版)
中学校数学 (数研出版)
勉強マン
学校によって取扱う教材は様々ですがここまで対応している教材があると安心ですよね!是非一度、お子様の教材を確認してみてください。

ここが最もスタディサプリが優れている点です。高校受験に対して最も重要な勉強方法は苦手科目の過去に遡って学習する事。通常の塾ではそんな学習はしてくれませんが、スタディサプリでは小学4年生まで遡って学習する事が出来ます。もちろん、先取りも可能!
そして値段は据え置き980円。凄くないですか!?

勉強マン
基本が理解できなければ、応用問題は更に解らなくなるという事で、遡って学習する事は算数(数学)や国語は特に重要と言われていますよね!それを実現できるサービスは他に類を見ないのではないでしょうか。

中学生から始まる、中間・期末テスト対策もばっちりです!システム上ランダムに問題を出題してくれ、かつその場で対応してくれるので濃い勉強時間を過ごす事が出来ます。また、苦手科目などを自動的に記憶してくれるので、自分の苦手分野をすぐに認識する事も可能です!

勉強マン
皆さんがテスト勉強や受験勉強をしていた際に、ご自身の苦手分野って把握していましたか?私は把握していませんでした…。これはまるで家庭教師、いやお子様専属のコンシェルジェがついてくれているようなものですね!

現在、スタディサプリは無料体験が行えますので、塾や家庭教師でお悩みの方は一度体験してみるのはいかがでしょうか?

会員数30万人以上で、なんと受験生の2人に1人が利用中!

【スタディサプリ】なら、小・中・高・大学受験の5教科18科目がすべて見放題で、料金は月額980円(税抜)!自分だけでは継続学習が難しい小学生も、保護者の皆様から「勉強時間が増えた」「学習習慣がついた」という声や、中学生では受講生の80%から「テストの点数が上がった」84%の人から「ニガテをつぶせた」、大学受験では、合格大学が判明した受講生の2人に1人が東大・京大・早慶上智・関関同立・GMARCHなどの難関大学に合格するなど、オンライン学習サービスでは最も認知度が高いサービスです。

ABOUTこの記事をかいた人

スタディApps

小学校6年の娘を持つ父親と中学校2年生の息子を持つ父親の二人で運営しています。ちょうど子供の受験対策に悩んでいた時に見つけた”勉強アプリ”・”受験アプリ”などのオンライン学習に目をつけ、同じ悩みで悩む日本中の親に向けた記事を多数執筆中です。