子供に勉強の”やる気”を出させる大切なたった1つの方法

どんな親でも確実に遭遇するのが、子供が勉強をしないといった問題。遊びたい年頃なので仕方ないと言えば仕方ないのですが、無理強いをしてますます勉強を嫌いになってもらいたくないけど、親の心情的には少しくらいは勉強をして欲しいものです・・・
同じ悩みを持つ保護者の方はたくさんいるかと思います。今回は、子供に勉強のやる気を出させるのに大切なたった1つの方法をご紹介します。

やる気を出させるのに大切なたった1つの方法とは?

まず、前提として勉強というのは”子供が自分の好奇心で自然と行う”べきものです。「どうやって勉強をさせるのか?」を考えるのではなく、「どうやって好奇心を持たせるか?」を考えらければならないのです。子供は自分の親を見て育ちます。結論から先に言ってしまうと、自分の子供に学習への好奇心を持たせるには親である”あなたが勉強してください”。あなたが勉強を楽しんでいる姿を見せることで、子供は自然に興味を持ちはじめます。

自分が子供の頃、テストで良い点を取った時の事を思い出してみてください。もし、自分の親に良い点を取ったことを報告した時に「ふ~ん」とあからさまに無関心な態度をとられたらどう思うでしょう?すごく悲しい気持ちになりますよね。今回の問題の一番の原因は親である”あなた”にあると言っても過言ではありません。そんな子供の学習に無関心な親にありがちなのが「勉強しなさい」とだけはしつこく言うこと。例えば会社で周りは一生懸命働いているのに、一人だけ何もせず座っているだけのくせに「働け!」と言っている上司がいるとします。どんな人でも腹が立つはずです。それと同じことが親子の間で起こっていると思えば伝わるでしょうか。

仕事や家事はもちろん忙しいとは思いますが、子供の頑張りをしっかりと評価して、親であるあなたが一緒に勉強を頑張るつもりで子供に接してあげることで自然と勉強をすることの楽しさや好奇心を持つようになるはずです。オンライン学習サービスではPCやタブレットを使って一緒に学ぶことが簡単にできます。ゲーム感覚で一緒に楽しみながら学習できるサービスも豊富ですので試してみてはいかがでしょうか?

オススメのオンライン学習サービス

会員数30万人以上で、なんと受験生の2人に1人が利用中!

【スタディサプリ】なら、小・中・高・大学受験の5教科18科目がすべて見放題で、料金は月額980円(税抜)!自分だけでは継続学習が難しい小学生も、保護者の皆様から「勉強時間が増えた」「学習習慣がついた」という声や、中学生では受講生の80%から「テストの点数が上がった」84%の人から「ニガテをつぶせた」、大学受験では、合格大学が判明した受講生の2人に1人が東大・京大・早慶上智・関関同立・GMARCHなどの難関大学に合格するなど、オンライン学習サービスでは最も認知度が高いサービスです。

ABOUTこの記事をかいた人

スタディApps

小学校6年の娘を持つ父親と中学校2年生の息子を持つ父親の二人で運営しています。ちょうど子供の受験対策に悩んでいた時に見つけた”勉強アプリ”・”受験アプリ”などのオンライン学習に目をつけ、同じ悩みで悩む日本中の親に向けた記事を多数執筆中です。