勉強アプリ・オンライン学習サービスのメリット・デメリットとは?

”受験対策”と聞いて真っ先に思いつくことと言えば、塾・予備校などの学校以外で勉強できる場を想像するのではないでしょうか?それ以外にも”添削式通信教育”も様々な会社で提供されています。
「良い教育」を受けるといった意味では、講師が壇上の上に立ち、実際に講師と向き合った形で講義を受けることが重要だと思います。その講師が素晴らしい実績を持ち経験がより豊かであれば、さらに教育としての質は上がり、最も理想の形と言えるでしょう。

しかし、それとは反比例して教育費は増加してしまう傾向にあります。一説によると、子供が生まれてから幼稚園に入り高校を卒業するまでにかかる費用はすべて公立校で約1,000万円、すべて私立校で約2,500万円かかると言われています。(※ 授業料・その他教育費・学校外教育費など含めた計算)
途中、「高校のみは私立」といったように多少の変動はあるものの、基本的に最低でも1,000万円は必要となります。

この中で、「良い教育」を受け、「良い大学」へ進学し、「良い会社」へ就職するためにはプラスアルファの費用がかかることは言うまでもありません。特に外部の学習塾・予備校にかかる費用は、通常の義務教育でかかる教育費用をはるかに上回る費用がかかってしまいます。

当サイトで紹介している学習アプリ(インターネット学習塾)は上記のような問題を解決する一つの手段として、近年注目されているサービスです。「良い教育」を受けるといった意味では、”動画学習”といった新しい教育システムによって、地方であっても業界内で非常に優秀なプロの講師から授業を受けることが可能になり、それも格安な料金でサービスを受けられることによって家庭を圧迫することは非常に少ないでしょう。

もちろんそれなりのデメリットは存在することも事実です。こちらではオンライン学習におけるメリット・デメリットを簡潔にご紹介しておりますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

学習・勉強アプリのメリット

いつでもどこでも「スキマ時間」に勉強が可能!

sukima_time

2つある最大のメリットの内の1つと言える利点ではないでしょうか?これまでの学習塾・予備校といえば、必ず「場所」に縛られる状態にありました。小さいお子さんがいる家庭ではあれば、一人で通わせることが心配で保護者の送り迎えが必要でしょうし、そうでなかったとしても通学するだけで時間を浪費し、交通費もかかる場合もあるでしょう。その点、学習・勉強アプリといったオンライン学習サービスであれば「場所」に縛られるといったことはなくなります。また、自宅においても「勉強机」という場所から解放され、リビングのソファーであろうと最高の教育を受けることができるのです。

塾や家庭教師に比べ月額料金が圧倒的に安い!

jyuku

こちらも最大のメリットの内の1つです。冒頭で説明したように、外部の学習塾・予備校にかかる費用は長い目で見ると数百万円にも及びます。学習・勉強アプリであれば、月額最低980円からと格安料金で学習塾・予備校と同等の教育を受けることが可能です。オンライン学習サービスを提供している各社も「安かろう悪かろう」といった印象をサービス開始当初はイメージ付けられていたようですが、運営が進むにつれ内容の改善やコンテンツの充実が図られ、評判も非常に良いものになってきました。

地方に住んでいても、カリスマ講師からわかりやすい講座を受け放題!

japan

近年、都会に住む子供と地方に住む子供とで、教育の質がもたらす「教育格差」が問題視されています。どうしても経験や実績が伴ったプロの講師は地方ではなく都会に集中してしまい、「人気の講師から教育を受けたくても受けられない」といった状況が生まれていました。この点もインターネットを介して受けることができるオンライン学習形式の授業であれば、どれだけ離れた地域に住んでいようとも「距離」といった問題は解決されます。

子供の学習状況がわかりやすい

oyako

学習・勉強アプリはお手持ちのパソコン・スマホ・タブレット端末で勉強することができ、場所に縛られることがないため保護者の方が学習状況を把握しやすいとも言えます。塾や予備校では子供と切り離されてしまい、どの程度の学習状況にいるのかは把握しづらい場合が多いです。また、学習・勉強アプリを提供しているアオイゼミでは保護者向けの管理アプリを導入しており、子供がどの程度アプリを使って勉強に励んでいるのかを把握することができます。

学習・勉強アプリのデメリット

映像授業となるため集中できない場合もある

映像授業形式では、録画された映像を使って授業を受けることなります。賃金を受け取り、サービスを提供している教育者(先生・講師)が実際に目の前にいるわけではないので、寝ていようが、別のことをしていようが”注意してくれる”わけではありません。本人にまったくやる気がないといくらでもサボり続けることができます。

良い意味で価格が安価なので、だらけてしまう

メリットが仇となってしまうケースです。現代の子供はインターネットを使いこなすため、格安な月額料金を簡単に調べることができます。
その料金を知って「別に安いからいいや」となってしまうことがあるかもしれません。

理解できないところを質問することができない

選ぶオンライン学習サービスによっては、疑問・質問が出ても先生に質問することができないサービスもあります。一方通行の授業になってしまい、わからない箇所をないがしろにしたまま先に進んでしまい、”苦手分野”や”穴”が出来てしまうことが考えられます。通常の塾・予備校の最大のメリットは質疑応答が可能なところにあると考えていますので、こちらの兼ね合いが難しいところではあります。
(※ わからない箇所だけを通っている学校の先生に聞くなどの対応策は考えられます。)

まとめ

勉強アプリ・インターネット学習塾にはデメリットもあり、「万能のツール」といったわけではありませんがコストパフォーマンスに非常に優れているので、親の味方であることに間違いはありません!使い方を工夫し、”動画授業”だったりサービスが提供しているドリル形式の問題集などしっかり活用することで、通常の塾・予備校に通うのと同等、もしかすると、それ以上の効果を発揮できる画期的なツールだと思います!

自分やお子さんの学年・学力によって、どのオンライン学習サービスを使うかは変わってきます。当サイトでは小学生・中学生・高校生ごとにおすすめのサービスを分けてご紹介しておりますので、ぜひ参考にしていただきたく思います!

【中学受験対応】オススメ勉強アプリ・オンライン学習サービス比較

[記事公開日] 2015.06.10
[最終更新日] 2016.02.01

【高校受験対応】オススメ勉強アプリ・オンライン学習サービス比較

[記事公開日] 2015.06.10
[最終更新日] 2016.02.01

【大学受験対応】オススメ勉強アプリ・オンライン学習サービス比較

[記事公開日] 2015.06.10
[最終更新日] 2016.02.01