【2019年7月最新版】スタディサプリ(スタサプ)高校講座キャッシュバックキャンペーンまとめ

【2019年7月最新版】スタディサプリ高校講座キャッシュバックキャンペーン情報まとめ

これからスタディサプリ(スタサプ)高校講座に申し込もうと考えている方、ちょっとそのまま入会するのはもったいない!

実はスタディサプリには【キャンペーンコード】と呼ばれるコードを利用してお得な入会が出来るキャンペーン特典が存在します。

今回はこのスタディサプリ(スタサプ)高校講座における2019年7月時点の最新キャンペーンコード情報をお伝えします。

勉強マン
スタディサプリ高校講座に入会しようと考えている方にとって非常に嬉しい特典が盛りだくさんの【キャンペーンコード】。今回はそのキャンペーンコードの内容と利用方法、注意点についてまとめてみました!

今ならスタディサプリ高校講座の
キャンペーン実施中!

↓ スタディサプリ高校講座キャンペーン公式サイトはコチラ ↓

スタディサプリ高校講座キャンペーン

↑ まずはクリックして内容を確認しよう! ↑

2019年7月度スタディサプリ(スタサプ)高校講座キャンペーンの概要

スタディサプリ高校講座キャンペーン

スタディサプリ高校講座のキャンペーンは、スタディサプリの運営元であるリクルートが新規入会者を増やす為に配布している期間限定の特典サービスです。

もちろん、運営元から正式に配布されている割引制度ですので安心して使う事が出来ます。

勉強マン
通常に入会するよりもキャッシュバック特典などお得な内容となっています。期間限定・応募人数に限りがあるのでこの機会を見逃さないようにしてください!

スタサプキャッシュバックキャンペーンの特典①:2,000円のキャッシュバック

まず最初に、スタディサプリ高校講座・大学受験講座が対象となる「スタサプキャッシュキャンペーン」の最も大きな特典が2,000円のキャッシュバックではないでしょうか?

もちろん、通常に入会した際も利用できる2週間の無料体験はキャンペーン時にも利用可能!

通常のスタディサプリ高校講座のベーシックコース月額料金が980円ですので実質2ヶ月と半月分無料で利用出来るという事になります。

勉強マン
スタディサプリの人気は知っているけれど、今までとは違う学習サービスは利用してみないと不安という方にとってはチャンスです!

スタサプキャッシュバックキャンペーンの特典②:合格特訓コースとの併用が可能!

スタディサプリには、月額980円のベーシックコースと月額9,800円の「コーチ」と呼ばれる現役大学生と二人三脚で学習を進める合格特訓コースがあります。

今回の夏休みスタートダッシュキャンペーンは、この合格特訓コースで行われているキャンペーンとの併用が可能です。

勉強マン
通常、他のキャンペーンとの併用は出来ませんが今回は併用も可能!この特典をお見逃しなく!
↓ スタディサプリ高校講座キャンペーン公式サイトはコチラ ↓

スタディサプリ高校講座キャンペーン

↑ まずはクリックして内容を確認しよう! ↑

2019年7月度スタディサプリ(スタサプ)高校講座キャンペーンコードはどこ?

スタディサプリ(スタサプ)高校講座のキャンペーンコードはどこに?

実際のキャンペーンコードは下記の画像のようにキャンペーンコードがページ内に記載されていますが、スタディサプリ高校講座のキャンペーンコードはどこにあるのでしょうか?

スタディサプリ高校講座のキャンペーンコード
※ 先着順制度が設けられている場合に備えて、拡散防止目的でモザイク処理をさせて頂いています。

答えは簡単!スタディサプリ(スタサプ)高校講座のキャンペーンコードは、キャンペーン専用特設ページが作成されそこで開示されています。

今回の専用特設ページはこちらからアクセスする事が出来ますので、今すぐ内容をご確認ください。

↓ スタディサプリ公式キャンペーン特設サイトはコチラ ↓

無料体験登録フォームからキャンペーンコードを入力しよう

勉強マン
キャンペーンの内容次第では、先着順が設定されている事も。今すぐキャンペーン自体が継続しているか確認してみてくださいね!

2019年7月度スタディサプリ(スタサプ)高校講座キャンペーン申し込みは簡単!

スタディサプリ高校講座のキャンペーンコード申し込みは簡単!

スタディサプリ(スタサプ)高校講座のキャンペーンコードの利用方法は非常に簡単です!ここでは実際の画面を追って説明します。

まずは、下記からスタディサプリキャンペーンページへアクセスします。

キャンペーンコードは登録者情報を入力した後に表示される【支払方法の設定画面】の入力欄に設定します。

この欄の中に、特設サイトに記載されているキャンペーンコードを入力するだけです!

注意事項
以下の内容をよく確認してから登録しないと、キャンペーン対象外となってしまうので注意してください!
勉強マン
通常の無料体験申し込み時に、メモなどに控えたキャンペーンコードをキャンペーコード記入欄に記載するだけ!これなら特に間違えずにキャンペーン特典を受けられそうですね!

2019年7月度スタディサプリ(スタサプ)高校講座キャンペーンの条件(注意点)

2019年7月度スタディサプリ(スタサプ)高校講座キャンペーンの条件(注意点)

多くの特典がもらえるスタディサプリ高校講座のキャンペーンですが、キャンペーンを利用するにあたってよくある間違いや注意点もお伝えします。

ちょっとした不注意で特典をもらえなくなるのは非常にもったいない!下記に記載した内容に注意してキャンペーン特典を受けてくださいね!

勉強マン
キャンペーンを利用するには何点か注意しなければならない事がありますのでご注意ください!

スタサプキャッシュバックキャンペーンの条件(注意点)①:先着3,000名で締め切られる

先着3,000名が対象です。人数に達しましたらこちらのサイト内でキャンペーン終了の旨をお知らせします。
引用元:スタディサプリ(スタサプ)高校講座公式キャンペーンページ

今回のスタディサプリ(スタサプ)高校講座キャンペーン(スタサプキャッシュバックキャンペーン)は、先着3,000名に達した時点でキャンペーンが終了します。

期限が7月31日までだから後で登録しよう…と思っていたら定員になりキャンペーン自体が終了していたという事にならないようなるべく早くキャンペーンに登録する事をお勧めします。

スタサプキャッシュバックキャンペーンの条件(注意点)②:入会後継続して利用する必要がある

会員登録を完了後、無料期間終了後1か月以上継続利用。
引用元:スタディサプリ(スタサプ)高校講座公式キャンペーンページ

今回のキャンペーン特典を受ける為の条件には「継続して利用する」必要があります。

例えば、7月1日(月)申し込みをした場合は無料利用期間が7月1日(月)~7月14日(日)となり、有料利用期間:7月15日(月)から8月15日(木)まで利用する必要があります。

スタサプキャッシュバックキャンペーンの条件(注意点)③:アンケートに回答する必要がある。

9月10日(火)までにアンケートに回答。
引用元:スタディサプリ(スタサプ)高校講座公式キャンペーンページ

今回のキャンペーンには、継続して利用する以外にアンケートに回答するといった条件が必要です。

継続して利用し、アンケートに回答した時点で2,000円のキャッシュバックが受けられる事になりますので注意が必要です。

スタサプキャッシュバックキャンペーンの条件(注意点)④:クレジットカード決済以外はキャンペーン対象外

キャンペーンコードはクレジットカード決済のみご利用いただけます(キャリア決済、コンビニ決済、iTunes決済ではご利用いただけません)。
引用元:スタディサプリ(スタサプ)高校講座公式キャンペーンページ

この支払方法で間違えて、後で後悔する方が多いので注意が必定です。

スタディサプリは会員登録時に支払方法を選択する必要がありますが(無料期間内に解約すれば費用が発生する事はありません)、その中でキャリア決済やクレジットカード決済などを選択する事が出来ます。

キャンペーン特典を受けるためには、この支払方法を「クレジットカード決済」にする必要があります。

勉強マン
ややこしいのが、キャンペーンによってはキャリア決済でも対象となるケースが過去にあったのですが今回はクレジットカード決済のみが対応となっていますので気をつけてくださいね!
↓ スタディサプリ高校講座キャンペーン公式サイトはコチラ ↓

スタディサプリ高校講座キャンペーン

↑ まずはクリックして内容を確認しよう! ↑

2019年7月最新版スタディサプリ高校講座キャンペーン情報まとめ

スタディサプリ高校講座のキャンペーン情報まとめ

いかがでしたか?

スタディサプリに興味はあったけど、なかなか迷ってて入会できなかったと考えていた方にとっては今回のキャンペーンは非常に魅力的ではないでしょうか?

ただし先着順となりますのでなるべく早くキャンペーンに登録する事をお勧めします。

きっと、もっと早くスタディサプリを始めていれば良かった!と思うはずですよ!

↓ スタディサプリ公式キャンペーン特設サイトはコチラ ↓

無料体験登録フォームからキャンペーンコードを入力しよう

ABOUTこの記事をかいた人

スタディApps

小学校6年の娘を持つ父親と中学校2年生の息子を持つ父親の二人で運営しています。ちょうど子供の受験対策に悩んでいた時に見つけた”勉強アプリ”・”受験アプリ”などのオンライン学習に目をつけ、同じ悩みで悩む日本中の親に向けた記事を多数執筆中です。