スタディサプリのテキストは購入すべき?実際に購入して利用した評価をまとめみた

スタディサプリのテキストは購入すべき??実際に購入して利用した評価とは

スタディサプリは小4~6年、中学生、高1・2、大学受験生用と分かれていますが、どの講義も視聴できるのがスタディサプリの良い所だと思います。

月額980円という安さも魅力的ですが、よく調べてみると「テキストがいるの?980円じゃ済まないんじゃない?」と思う方もいらっしゃいますよね。

視聴する上で、テキストは欠かせないアイテムですが、絶対に購入しなくてはならないのでしょうか?

塾に通わせると思ったら、費用が安くてビックリですが「後から色々お金がかかるんじゃないの?」「何だか高そう」と心配になっていませんか?

今回はスタディサプリのテキストを実施に購入した感想・評価などをご紹介していきたいと思います。

スタディサプリのテキストは無料?

スタディサプリのテキストは絶対に購入しないといけないということはありません。

製本された冊子を購入すると有料になります。1冊1,200円(税金・送料込み)です。

受けたい講義を全て揃えたいけれど、大変!という方にオススメの方法をご紹介しますね。

スタディサプリをWebで利用している場合

Web版で利用しようと思っている方は「テキストをダウンロード」するのが手っ取り早い方法です。

我が家ではタブレットだと見ずらいので、パソコンを使っています。

ウィンドウを「並べて表示」すると、上の画像のようにテキストと講義を見比べることができます。

必要な部分はノートに書き写したりすれば、テキストは無料!になりますね。

スタディサプリをアプリで利用している場合

アプリ版を利用しようと思っている方は「テキストを見る」という機能があります。

iPadでアプリを利用すると、このようになります。一つの画面で、上は講義の様子、下はテキストを見ることができます。

こちらも自分が重要と思う部分を書き写せば、テキストは無料となります。

見て、聴いているだけでも、理解力がアップする講義内容だと思います。

実際に受講してみると「テキストがあれば、もっと理解が深まりそう!」と感じると思います。書き込みたい!と子供がウズウズしてくるような講義なんです。

勉強マン
親も聴いていると勉強したくなっちゃいますよ(笑)不思議な魔法をかけられた気分です。

スタディサプリのテキストは印刷できる?

講義では「テキスト〇ページを見てください」「チェックしてください」と指示されることがあります。

国語なら長文、算数なら図形…と書き写すには時間がかかるものが多いですよね。

始めは見るだけでも大丈夫かな?と思っていたのですが「テキストが欲しい!」とおねだりされました。

やっぱり、先生の言っている通りに線を引いたり、問題を解いたりしたくなりますよね。

けれど、勉強のことでおねだりされるなんて思ってもいませんでした。嬉しい悲鳴です。

早速、印刷することにしました。テキストは、パソコンでダウンロードするとPDFで表示されます。

必要なページを指定すると、プリンタで印刷することができます。USBに保存して、コンビニで印刷するという方法もありますね。

例えばセブンイレブンでの方法ですが「ネットプリンタ」というアプリを使用します。

アプリで得た予約番号を店内のマルチコピー機に入力すると印刷することができます。

こちらは1枚20円かかりますので、注意が必要です。説明の部分はノートにメモして、問題だけ印刷すると良いかもしれませんね。

勉強マン
正直、毎回印刷するのは不可能ではないですが面倒だったというのが感想です…

スタディサプリのテキストは買うべきか(必要)?

我が家はスタディサプリを導入して、すぐにテキストが必要!と思って、購入しました。

スタディサプリの講義は問題を解きながら進んでいくのと、書き写す時間がもったいないと思ったからです。

少しでも多く問題を解いて、自分の力にしてほしいなと考えました。テキストを購入すると、1週間ほどで手元に届きます。

届くまでの間は、テキストを印刷して使っていました。

自宅で印刷する方法をご紹介しましたが、経費を計算してみました。

A4紙代(1円)+インク代(9円)として10円位でしょうか。

テキストによりますが100ページ印刷したら1,000円です。

小4のテキストでの比較ですが、一番薄い社会で103ページ、一番厚い算数で229ページです。

印刷にかける時間と手間、コストを考えると1冊1,200円は決して高くないんじゃないかなと思います。

内容が充実しているので、使えます。市販のワークや参考書も揃えると結構よいお値段しますよね。

実際に我が家に届いたテキストはこんな感じです。勉強頑張ろう!って思える、邪魔な飾り気の無いシンプルな表紙が素敵です。


小4・算数ですが、中身はこのように問題が載っているので、テキストがあった方が勉強はスムーズに捗ると思います。

小4・国語は、例文に対する問題を、読みながら解いていく感じです。娘は国語の山崎先生が大好きです。

【スタディサプリ】難関校へ導くエキスパート山崎萌先生の評判(口コミ)

[記事公開日] 2016.06.30
[最終更新日] 2018.05.23


テキストを色分けして取り組んでいます。楽しみながらやっているうちに、苦手だった国語が大好きになりました!

理科・社会はいらないかな?とも思ったのですが、教科書とぴったり合致する感じではないのと、確認テストが掲載されているので購入しました。

英検3級対策講座のテキストも購入しましたが、こちらは過去の出題形式に合った問題や、覚えておいた方が良い英単・熟語が載っていて、参考になります。我が家は買って大正解でした。

スタディサプリのテキストの値段は?

コンビニで印刷すると1枚20円、テキストを購入すると1冊1,200円ですが、私が入会した時にはキャンペーン価格で1冊1,020円でした。

2018年5月現在は14日間無料利用+2,000円キャッシュバックキャンペーンが行われています。

しかも、中学1~3年生は問題集1冊プレゼントが適用になるということです。

入会する時期によって、キャンペーンの内容は変わると思いますが、お得になる事はしっかりチェックしておきたいですね!

各学年で、テキストはどの位、販売されているのか調べてみました。

小学4~6年生
算数、国語、理科、社会の4冊
中学1・2年生
英語(定期テストと併せて12冊)、数学(定期テストと併せて2冊)、国語(5冊)、理科(定期テストと併せて2冊)、社会(定期テストと併せて9冊)合計30冊
中学3年生
英語(定期テストと併せて12冊)、数学(定期テストと併せて3冊)、国語(5冊)、理科(定期テストと併せて2冊)、社会(定期テストと併せて9冊)合計31冊
高校1年生
英語14冊、数学11冊、国語13冊、理科9冊、社会9冊
高校2年生
英語11冊、数学10冊、国語13冊、理科9冊、社会9冊
高校3年生・大学受験生
英語14冊、数学9冊、国語12冊、理科18冊、社会18冊、センター試験対策講座19冊、志望校対策講座(33冊より選択)

現在、用意されているテキストは上の通りです。

学年が上がっていくにつれて、冊数が多くなりますが、全部購入する必要はなくて必要なものを選択して使うのが良いと思います。

スタディサプリのテキストを購入した感想まとめ

近くの先輩や知人にスタディサプリを利用していた人がいる場合は、使わなくなったテキストがないかどうか聞いてみるのも良いですね。

オークションサイトに出品されていないか調べてみるのも方法だと思います。少しでも出費を抑えることが出来たら、嬉しいですよね。

子供に合った勉強法かどうか、無料の体験期間で確認してからテキストを購入するというのがオススメですよ。

【2018年6月最新版】スタディサプリのキャンペーンコードでお得に入会しよう!

[記事公開日] 2016.04.22
[最終更新日] 2018.06.10

ABOUTこの記事をかいた人

スタディApps

小学校6年の娘を持つ父親と中学校2年生の息子を持つ父親の二人で運営しています。ちょうど子供の受験対策に悩んでいた時に見つけた”勉強アプリ”・”受験アプリ”などのオンライン学習に目をつけ、同じ悩みで悩む日本中の親に向けた記事を多数執筆中です。