静岡県の学力は?全国学力テストの調査結果からランキング順位を調査してみた

静岡県の学力は?全国学力テストの調査結果からランキング順位を調査してみた

面積が47都道府県で10番目に人口が多い静岡県。「ふじのくに」として豊かな自然からもたらされる多彩な特産品が多い静岡県。

そんな静岡県の学力は全国と比べてどのくらいなんでしょうか?

小さなお子様をお持ちの方やこれから静岡県に引っ越しを考えている方は気になるテーマですよね。

今回は静岡県の学力について全国ランキング順位など調べてみました。

静岡県の学力テストの実力は?

学力はもちろん地域によって差がある事はご存知の通りですが、静岡県に住む児童の学力は他の都道府県と比べてどれくらいなのでしょうか。

そんな他のエリアとの学力差を図る物差しとして、同じ問題を地域の異なる児童が解く事で、地域ごとの結果が分かる学力テストの結果を利用する方法があります。

学力テストとは?
調査対象:小学校第6学年の児童及び中学校第3学年の生徒を対象に実施
出題範囲:調査する学年の前学年までに含まれる指導事項を原則
出題内容:「知識」と「活用」の2種類の問題を出題

「知識」とは、国語A,算数A,数学Aの教科が該当します。
「活用」とは、国語B,算数B,数学Bの教科が該当します。

勉強マン
調査対象が小学6年生、中学3年生というところがポイントです。小学6年生と言えば中学受験を控える学年、中学3年生は高校受験を控える学年ですので皆それなりの学力が付いている時期。ただ、出題教科に英語が含まれていない事が残念です…。
2016年(平成28年) 2015年(平成27年) 2014年(平成26年)
小学生学力テスト順位 10位 15位 16位
中学生学力テスト順位 5位 8位 5位

引用元:スクスクのっぽくん

静岡県に住む児童の成績は、小学6年生時点では全国47都道府県ランキングで10位と毎年ランクインしていますが

中学3年生時点の学力テスト実施時には大きく順位を上げている状況です(平成28年度は47都道府県中5位!)。

この学年が上がるほど成績が上がるのには、ある理由がありました

静岡県は就職を見据えて県外への大学進学を希望する生徒が多い

静岡県がまとめた「高校生の大学進学等に関する意識調査結果」に注目すべき内容が掲載されていました。


「あなたは大学に進学する希望はありますか」という調査に対して、普通科の生徒はほとんど(99.5%)が大学への進学を希望するという調査結果になっていました。

勉強マン
普通科(理数・国際を含む)及び芸術科の生徒は大学進学希望が多く、普通科で
99.5%、芸術科で 77.8%となっていました。また、職業系専門学科及び総合学科の生徒は、ほぼ同じ傾向で大学進学希望は30%前後となっていました。


また保護者に対して「あなたはお子様に大学進学させる希望はありますか」という調査に対して、普通科に通う生徒の保護者のほぼ全員(98.6%)が生徒と同じ回答(大学進学を希望する)となりました。

勉強マン
生徒・保護者共に大学進学を望んでいるという背景が浮き彫りになっています。


それでは、大学進学を希望する生徒が多いというのは分かりますが「どの基準で」大学を選んでいるのでしょうか?ここにも「高校生の大学進学等に関する意識調査結果」に記載がありました。

大学進学を希望する生徒が大学を選ぶ基準として「自分が希望する就職につながる大学」という内容が最も高い割合を占めていました。

勉強マン
こちらは普通科だけでなく、職業系専門学校(農業・工業・少額)及び総合学科も同じ傾向(自分が希望する分野の勉強ができる大学)がありました。


生徒が「自分が希望する就職につながる大学」を希望する傾向と同じように、保護者の方もお子様の就職の為に大学進学を考えている方が多い結果となっています。

また、面白いのは「お子様が希望する分野の勉強ができる大学」を大学を選ぶ基準にしている、つまりお子様の希望をそのまま受け入れているという背景がありそうです。


そして、最も重要な「どの地域の大学に進学するのか」という調査結果においては静岡県外を希望する生徒が多いという事が傾向としてあるようです。

勉強マン
普通科(理数・国際を含む)、商業科及び芸術科の生徒は静岡県外への進学希望が多く、普通科で 55.0%、商業科で 39.5%、芸術科で49.4%となっています。農業科及び総合学科の生徒は県内への進学希望が多く、農業科で 49.0%、総合学科で55.8%となっていました。また、工業科では半数以上の51.6%が「地域にはこだわらない」と回答している事から進路によって認識が異なる事が背景にあるのも分かりますね。

静岡県の学習塾軒数は全国10位!

そんな、県外の大学への進学者が多い静岡県ですが、受験等の学力を上げる事が出来る学習塾軒数は全国比でどれくらいなのでしょうか?

少しデータは古いのですが、2014年度の日本全国の学習塾は55,037軒と報告されており(総務省の経済センサス‐基礎調査より)、

小中高校生徒1,000人あたりの学習塾軒数は約4軒。47都道府県中、最も多いのは和歌山県で約6軒。

一方、最も学習塾が少ないのは岩手県で小中高校生徒1,000人あたり約2軒でした。

そのような中で、静岡県の学習塾軒数は47都道府県中9番目の学習塾軒数となっています。その他学習塾軒数に関わる数値は下記の通りです。

47都道府県中順位 学習塾軒総数 1,000人あたり塾軒数
静岡県 10位 1,755軒 4.32軒
勉強マン
県外・また首都圏への大学進学を希望している生徒が多く、塾軒数も10位と県全体で教育に対する熱も高いのが静岡県の特徴です。これはうかうかしてられないですよね!

住んでいる地域で学力差が発生する【教育格差】

居住区と大学進学との関係

実は、大学進学を希望されるお子様が住んでいる地域によっても大学進学率が異なる事はご存じですか?

有名進学塾や予備校は都心部に集中し、過疎化が進んでいる地域から通う事が非常に難しい現実があります。

左記のグラフでは地方に住んでいるというだけで、保護者の収入が同じでも進学率に差が出るといった先ほど説明した保護者の収入格差による子供の教育格差とは、また違った側面で問題が発生している事がお分かりになると思います。

こうした「教育格差」によって、影響を受けている若者が非常に増えているという事自体初耳でしたし、保護者の収入の影響はさておき、住んでいる地域によって差が出るといった事はあってはならないと思うのですが
地方自治体も交付金頼みという事も聞きますので、どうにかしたいと思っても出来ないのが現状なのでしょうか。

勉強マン
県外の大学に進学したいと思っても、地域によって差があるなんて…。教育はみな平等に与えられるものだと思っていたのは私だけでないはずです。実は塾の軒数なども含めて大きな理由があるんです。

教え方が上手い先生(塾の講師)は給与が高い都内に

なぜ、地域によって学力差が発生する教育格差が発生するのでしょうか。その要因の1つとして、教育機会を与える場所の変化も関係してるとされています。

その教育機会を与える場所の1つである学習塾ですが、実は塾の先生の給与が、相当に高いことはご存知ですか?

たとえば、大手の有名な塾講師の年収は1000万円クラス。一方、平均的な街の塾講師は、経験が浅ければ200万円台、中堅クラスで350万円くらいといわれています。
引用元:【en転職】塾講師の年収ってどれくらい?|業界ウラ話

塾の先生も人間。やはり人気が出る授業や結果を残す授業を行い、年収を増やしたいと思うのは当然です。

そんな出来る塾の先生はみんな大きな収入を求めて都内の大手塾に転職する事が多くなっています。

勉強マン
良く「カリスマ講師」とか言われる塾の先生も、みんな最初から大手の塾に在籍していたわけではありません。今はどの塾でも「合格者数〇〇人」と発表しているほど、多くの難関高校・大学の実績を残したいと考えているので、実績のある塾の先生をスカウトする事が多いといわれています。

住んでいる地域で学力差を生まない為には

そんな、生徒の住んでいる地域や保護者の収入による教育格差や住居による教育格差の問題を解決すべく動いたのリクルート社でした。

現在の大学進学率はおよそ50%ですが世帯収入別に見ると、1000万円超の家庭では62.4%に対して、所得400万円以下の家庭では31.4%。進学率に経済的な問題が関連していることが推測できます。また都市部と比べて地方では4年制大学を選択する率が低いうえ、塾や予備校に遠くて通えないなど、地理的な条件によっても学びの場が限られている現実があります。こうした「教育格差」によって、将来展望も描けないまま社会に出る若者たちが増えている状況を変えていく仕組みが求められています。

<中略>

私たちは、高校生の学校の外にある所得・地域による教育環境格差の解消に挑戦をしてまいりました。

<中略>

『受験サプリ』(※注 現在はスタディサプリにサービスが統合されています)は、すべての受験生にわかりやすい講義を動画で提供する高校生向けのオンライン教育サービスです。子どもたちへも最高の学びを届けたいという思いから2015年3月より『勉強サプリ』(※注 現在はスタディサプリにサービス名が変更されています)をスタート。21世紀の教育系サービスの底上げを担っていきます。
教育格差をなくし、すべての人に学ぶ自由を提供するために

そんな、リクルートの熱い想いが様々なカリスマ講師も動かしていきます。
スタディサプリ立ち上げを担当した、リクルートマーケティングパートナーズ代表取締役社長山口文洋さんはインタビューにて以下のように話しています。

受験サプリを立ち上げたとき、私は予備校のカリスマ先生を誰も知りませんでした。そこで、まずFacebookで色々な人に問い合わせたんです。そうしたら名前が挙がったのが、当時静岡の予備校で教えていた肘井学先生です。 そこで肘井先生に連絡して、一回東京で話ができないかと相談したんです。後で聞いたのですが、彼はこの話が来たとき「インターネットやスマホで授業教えるなんて、教育なめるなよ」と、断るつもりで東京まで来たらしいんですが(笑)。

<中略>

そこで、必死に口説いたんです。予備校では、優秀な先生・有名な先生ほど医学部コースや東大コースのような学力の高い層や、富裕層の人しか教えられなくなります。そこで、「教育だけが人生を変えられるチャンスですよね。その情熱を、その一部の社会の層だけに教えていていいんですか」と説得しました。
肘井先生も、「自分は情熱があるのに授業で教えられるのは多くても1教室200人だったり……」という部分に限界を感じていらっしゃったんです。結局、肘井先生はまだ受験サプリの事業化も本決まりしていないタイミングで、前の会社を辞めてこっちに来てくれたんですよ。
肘井先生は英語が専門です。だから次に、数学でもすごい先生を出さなきゃいけないとなって、肘井先生と同じ予備校にいた山内恵介先生を口説きました。結果、山内先生も来てくれたんです。

<中略>
いまスタディサプリでは、こういった先生が全部で12人います。友達関係などの紹介は一切受け付けていなくて、実力で承認されないと、受験サプリの講師にはなれません。

【DIAMOND online】予備校市場の破壊者「受験サプリ」が一人勝ちするワケ

そんなスタディサプリもサービス本格開始から2年で100万人を突破する、大きなサービスとして急成長しています。これはやはり、リクルートの熱い想いを市場が熱烈に歓迎している事の証明です!

私はこれまで、家や学校から遠いため塾や予備校に通ったことがありません。そこで『受験サプリ』の誰もが平等に受験勉強できる環境を目指す、という主旨を知ってうれしく思いました。今は「英語」「数学」「化学」に取り組んでいて、今度のセンター試験までに満点に近い点数が取れるようにしたいと思っています。今までに習ったことのないようなすばらしい授業を低価格で受けることができ、とても感謝しています。このようなサイトを立ち上げてくださりありがとうございます。(受講者からのメッセージ)

また、リクルート社が提供するスタディサプリに対して、各著名人たちも賛美を送っています。

堀江 貴文
リクルートのダイナミズムはここにあるよね。受験サプリを大成功させた山口さんは平社員から若くしてRMPの社長に。そして元フェローの藤原さんがバックアップするという。
インフォグラフィックで見る、「スタディサプリ」の軌跡

牧浦 土雅(ドガ)
受験サプリの当初のメインターゲットは、経済・地理的理由で塾や予備校に通えない生徒たち、いわゆる通塾困難者約110万人だったとか。しかし、文中にもあるように現在では西大和学園(関西トップクラスの進学校)に通ってる通塾者110万人、さらに大学進学など考えてなかったり学校の授業で間に合ってる塾不必要者110万人、合計330万人を囲い込む一大サービスに。文洋さんの言う”教育インフラ”に成長した。初期にC向けユーザーを口コミやCMはじめとして一気に増やし知名度を高め、現在では全校一括導入。そして受験サプリからスタサプに。何が素晴らしいってスタディアプリ、じゃなくてスタディサプリ、なところ。これは海外でプレゼンする時にもかなり響く。相手は「最高の先生の授業を学校で見せちゃったらその学校の先生の職を奪うことになるじゃないか」と指摘するけど、あくまでサプリ、サプリメンタリーとして、先生や塾講師のサポート役としてのサービスですよ、と。スタサプよ!
インフォグラフィックで見る、「スタディサプリ」の軌跡

勉強マン
ビジネスというよりは、現在の教育を取り巻く状況をどうにか打開したいという信念から生まれたサービスに対して、あのホリエモンこと堀江貴文さんを含む各方面の著名人が反応を示しています。これは凄い!

親がすべき事は、質が高い学習機会を与えること

いかがでしたか?
ここまで読んで頂けるともうお分かりになったと思いますが、親が子供の学習の為にすべきことは

塾に通わせる、家庭教師に学ばせるといった「形だけの学習機会を与える」のではなく、

本当に質が高い(教え方が上手い先生)に学ばせる環境を用意してあげるという事です。

地域による学力の差をなくすようなサービスを生かさない手はありません。

そんな地域による学力の差をなくす為に生まれたスタディサプリの人気の秘密は「神授業」と格安料金です。

「神授業」とは、いわゆるカリスマ講師と呼ばれる講師の授業の事

大手予備校や進学塾でしか受けれない高い合格率を導き出すカリスマ講師の授業を月額980円で何度でも受講出来るのがスタディサプリの人気の秘訣です。

【スタディサプリ】カリスマ講師と呼ばれる関正生先生の評判(口コミ)

[記事公開日] 2016.06.23
[最終更新日] 2018.02.13

【スタディサプリ】開成番長繁田和貴先生の口コミ(評判)

[記事公開日] 2016.05.16
[最終更新日] 2018.02.13

【スタディサプリ】文部科学大臣賞を受賞した尾崎正彦先生の評判(口コミ)

[記事公開日] 2016.05.18
[最終更新日] 2018.02.13

また、保護者からのの評判が高いのも、スタディサプリの人気の一つ。
その理由は、実際に前向きに学習しているか分からない塾とは異なり、お子様の学習状況を随時把握する事が出来るからです。

そんな、一流のカリスマ講師が勢ぞろいし、費用も安いスタディサプリが今なら無料で体験が出来るキャンペーンを実施しています!詳しくは下記に記載した公式サイトで確認してください。

【スタディサプリ】14日間お試し無料体験の申し込み方法を徹底解説!

[記事公開日] 2015.07.18
[最終更新日] 2018.04.12

ABOUTこの記事をかいた人

スタディApps

小学校6年の娘を持つ父親と中学校2年生の息子を持つ父親の二人で運営しています。ちょうど子供の受験対策に悩んでいた時に見つけた”勉強アプリ”・”受験アプリ”などのオンライン学習に目をつけ、同じ悩みで悩む日本中の親に向けた記事を多数執筆中です。